金沢大学動物実験基礎講習のご案内

【講習日及び会場】(宝町・角間いずれの会場で受講しても,本学の動物実験基礎講習としての受講歴は与えられます。いずれか1回を受講してください)

  • 第1回 平成30年4月18日(水) 宝町(医学類G棟第4講義室)
  • 第2回 平成30年4月20日(金) 角間(自然科学本館201講義室)
  • 第3回 平成30年4月24日(火) 角間(自然科学本館201講義室)
  • 第4回* 平成30年4月26日(木) 宝町(*英語による講習;学際科学実験センターRI総合研究施設1F会議室)
  • 第5回 平成30年5月21日(月) 鶴間(保健学類4号館2階会議室)
  • 第6回 平成30年5月26日(土) 宝町(医学類G棟第4講義室)BR>

【講習時間】

  • 15:00〜17:20頃

【受講対象者】

  • 本学で動物実験及び関連業務(動物の飼養管理や実験・飼養補助業務で動物を取り扱う等)に携わる者で,本講習を受講したことがない者及び2007年(平成19年)4月以降の受講歴がない者
※講習の前半部分を改正動愛法及び文科省基本指針の説明を中心とした内容として実施しています。2007年(平成19年)3月以前の受講歴のある方は,講習の前半部分のみを受講することで平成19年4月以降に受講したものと見なします。

【留意事項】

  • 第2回・第3回については,基礎講習終了後,角間分室利用者への利用案内(約45分)も行いますので,利用者は必ず受講願います。
  • 第6回目については当日,医学類F棟正面出入口のみ電子錠を解除しますので,そこから建物に入り会場へ進んでください。
  • 第4回のみ,会場の都合上,参加希望者はメールにて(risomu@adm.kanazawa-u.ac.jp)事前連絡願います。
  • 当日,講習会場入口で出欠管理端末により出欠登録をしていただきます。必ず,職員証又は学生証を持参ください。(お持ちでない方は受付簿に記名ください。)
    出欠登録が出来ない場合は受講したことになりませんので,注意願います。なお,退出時にも出席管理端末への登録が必要となりますので忘れずにお願いします。
  • 実験動物研究施設を利用しない者についても,本講習の受講をもって本学動物実験規程に定める教育訓練を終了したこととなります。ただし,実験動物研究施設以外の飼養保管施設の利用については,各飼養保管施設で個別に開催する利用講習の受講が別途必要です。詳細は各施設の担当者に問い合わせ願います。
  • 本講習終了後も2ヶ月に1回程度,臨時講習を開催しますが,例年,受講希望者との日程の都合がつかない事例が起きていますので,可能な限り本講習を受講するようにしてください。
お問い合わせは,研究推進課総務係(TEL (81-) 6140・6141・6143)まで
  • 現行規程が施行される2007年4月1日以前に受講した方は,前半の関連法規等の説明のみを受講することができます(所要時間約1時間)。・・・平成28年8月以降は,これが申請資格要件となります。
  • 全ての動物実験実施者と飼養者(補助業務で動物を取り扱う者を含む)が講習を受けている必要があります。
  • 春の定例講習開催後は,受講希望の申し出がある場合に2ヶ月に1回程度,臨時講習を開催します。
    受講希望者は研究推進課総務係まで電子メールにてお知らせください。日程調整の上,電子メールによる全学通知にて臨時開催日のお知らせがあります(このページにも転載します)。
  • 開催案内通知後の事前申し込みは不要ですが,当日,講習会場入口で出席管理端末により出席登録します。
    白色のアクセスカードでは本人確認できません。必ず,職員証または学生証をご持参ください。入室時刻と退室時刻両方の記録により出席登録しますので,ご注意ください。
  • 本講習は,学際科学実験センター実験動物研究施設(宝町)の新規利用者講習を兼ねています。
    但し,開催日が2003年4月以降の講習後半の受講歴が必要です。
  • 同・角間分室の利用案内については,別途,角間分室事務まで電子メールでお問い合わせ下さい。
  • 他の飼養保管施設の利用についても,各施設で個別に開催される利用講習の受講が必要となり,受講記録を大学本部へ提出することが義務づけられています。詳細は各施設にお問い合わせ下さい。

学際科学実験センターWebサイト| 実験動物研究施設Webサイト | 実験動物研究施設掲示板に戻る