実験動物研究施設について

飼育施設の説明

役割

医科学研究における動物実験の果たす役割は非常に大きく,そのために必要となる実験動物の飼育環境を適正に維持するため,当時の医学部に設置されました。近年,研究分野のボーダーレス化が進んでおり,動物実験のニーズも多岐に渡ることから,学際科学実験センターとして全学共同利用施設に改組されると共に,複数キャンパスに対応するため,角間分室を設置して今日に至っています。現在では適正な飼育環境の維持のみならず,実験動物の飼育管理や遺伝学的・微生物学的統御,遺伝子改変マウスの作製支援などで,本学における中心的な役割を担っております。

沿革

昭和51年5月 金沢大学医学部附属動物実験施設の設置が許可される
昭和52年9月 施設棟の建設着工
昭和53年7月 同建物の竣工
平成14年4月 医学系研究科附属動物実験施設(改称)
平成15年4月 学際科学実験センター実験動物研究施設(改組・改称)
平成22年1月 実験動物研究施設角間分室竣工

施設の歩み

昭和51年5月 金沢大学医学部附属動物実験施設の設置が許可される
昭和51年6月 運営準備委員会の設置
昭和52年8月 運営準備委員会を運営委員会と改める
昭和52年9月 施設棟の建設着工
昭和53年7月 同建物の竣工
昭和53年10月 運用が開始される
昭和63年4月 宝町地区動物実験指針・宝町地区動物実験委員会規程制定
平成9年3月 宝町地区動物実験委員会による施設利用計画の審査開始
平成11年3月 サル自動飼育装置導入
平成14年4月 医学系研究科附属動物実験施設(改称)
平成14年6月~ 施設棟全面改修(一部機能をプレハブ棟等に移転)
平成15年3月 全面改修を終え,運用再開
平成15年4月 学際科学実験センター実験動物研究施設(センター化に伴う改称)
運営委員会廃止
平成16年7月 動物実験指針および動物実験委員会を全学化(宝町地区指針・委員会廃止)
平成16年9月 全学委員会による審査を開始
平成17年3月 実験動物のための施設認定基準制定(施設の委員会認定制スタート)
平成19年4月 金沢大学動物実験規程施行(動物実験計画・施設・実験室の学長承認制スタート)
平成22年1月 実験動物研究施設角間分室竣工
平成22年3月 実験動物研究施設角間分室運用開始
平成25年秋 イヌ・ブタ・ウサギ自動飼育装置の全面改修(サルケージ移設・縮小)
平成29年秋 マウスケージの自動給水化,ラックの多段化

飼育環境

温度: 23±3℃

湿度: 55±10%

明暗周期: 8:45 on 20:45 off

ねずみ返しの高さ: 45cm

飼料

動物種 メーカー 商品名 内容量 副菜
マウス、ラット オリエンタル酵母 CRF1 固形  20kg   http://www.oyc-bio.jp/pages/animal_products/feed/index
ウサギ フナバシファーム RM-4 20kg キャベツ
モルモット フナバシファーム GB-1  20kg  
イヌ フナバシファーム DM-2  10kg  
ブタ オリエンタル酵母 MP-A  10kg   http://www.oyc-bio.jp/pages/animal_products/feed/index
サル 日本クレア CMK-2  20kg サツマイモ https://www.clea-japan.com/products/general_diet/item_d0120

飲料水

動物種 給水方法: 塩素濃度
マウス 自動給水: 塩素濃度5ppm(3-7ppmになるよう調整)
給水瓶: 塩素濃度10ppm(5-15ppmになるよう調整)
ラット 自動給水: 水道水のまま
給水瓶: 塩素濃度10ppm(5-15ppmになるよう調整)

床敷

動物種 商品名 メーカー 素材
マウス、ラット とこじき イワクラ 木材チップ link
ペパークリーン 日本SLC 紙加工床敷 link

ケージ

動物種 メーカー 商品名
マウス トキワ科学器械 TM-412-B link
ラット 日本クレア エコンPC: CL-0106-1 link

Explanation of this facility

History

May-76 Kanazawa University Faculty of Medicine Animal Experimental Facility established.
Sep-77 Construction of the facility building commenced.
Jul-78 Completion of the building.
Apr-02 Animal experiment facility attached to the Graduate School of Medicine (renamed)
Apr-03 Institute for Experimental Animals, Kanazawa University Advanced Science Research Center (Reorganized/Renamed)
Jan-10 Completion of Kakuma Branch of Institute for Experimental Animals.

History

May-76 Kanazawa University Faculty of Medicine Animal Experimental Facility established.
Jun-76 Establishment of Operation Preparation Committee.
Aug-77 Operation preparation committee changed to operation committee.
Sep-77 Construction of the facility building commenced.
Jul-78 Completion of the building.
Oct-78 Start of operation.
Apr-88 Established Takaramachi area animal experiment guidelines and Takaramachi area animal experiment committee rules.
Mar-97 Examination of facility use plan started by Takaramachi area animal experiment committee.
Mar-99 Monkey automatic breeding equipment introduced.
Apr-02 Animal experiment facility attached to the Graduate School of Medicine (renamed)
Jun-02 Renovation of the facility building (some functions were relocated to prefabricated buildings, etc.)
Mar-03 Completed renovation, operation restarted.
Apr-03 Institute for Experimental Animals, Kanazawa University Advanced Science Research Center (Reorganized/Renamed) Operation committee abolished.
Jul-04 Animal experiment guidelines and animal experiment committee became universal.
Sep-04 Examination by the university committee started.
Mar-05 Establishment of facility accreditation standards for laboratory animals (start of committee approval system).
Apr-07 Kanazawa university animal experiment regulations enforced.
Jan-10 Completion of Kakuma Branch of Institute for Experimental Animals.
Mar-10 Operation of Kakuma Branch of Institute for Experimental Animals starts.
Autumn 2013 Complete renovation of automatic breeding equipment for dogs, pigs and rabbits (relocation and reduction of monkey cages).
Autumn 2017 Automatic water system of mouse cage started.

Breeding environment

Rearing conditions

Room temperature: 23±3℃

Humidity: 55±10%

Lighting cycle: 8:45 on 20:45 off

Rat guard: 45cm

Feed

Species Product name  Amount Manufacture Side dish
Mouse, Rat food CRF1 pellet  20kg Oriental Yeast CO.,LTD. http://www.oyc-bio.jp/pages/animal_products/feed/index
Rabbit food RM-4  20kg Funabashi Farm Co.,Ltd. Cabbage
Guinea pig food GB-1  20kg Funabashi Farm Co.,Ltd.
Dog food DM-2  10kg Funabashi Farm Co.,Ltd.
Pig food MP-A  10kg Oriental Yeast CO.,LTD. http://www.oyc-bio.jp/pages/animal_products/feed/index
Monkey food CMK-2  20kg Japan Claire Sweet potato https://www.clea-japan.com/products/general_diet/item_d0120

Water supply

Species Water supply method: Chlorine concentration
Mouse Automatic water system: chloride concentration 5ppm(±2ppm)
Water bottle: chloride concentration 10ppm(±5ppm)
Rat Automatic water system: Tap water
Water bottle: chloride concentration 10ppm(±5ppm)

Bedding

Species Product name Manufacture
Mouse, Rat Tokojiki(Wood chip) Iwakura link
Paperclean(Paper bedding) Japan SLC,Inc. link

Cage

Species Product name Manufacture
Mouse cage TM-412-B Tokiwa Kagaku link
Rat cage Ekon PC: CL-0106-1 Japan Claire link